ホーム/ブログ/ふるさと・未来/チョウゲンボウ子育て日記 2021

チョウゲンボウ子育て日記 2021

6月3日・4日 撮影

逞しく育った雛たちも、いよいよ順番に巣立ちです。
そして学校の周りで飛行訓練、疲れると巣の近くに帰ってきて一休みです。
6月5日には5羽とも巣立ちを終えました。

5月28日 撮影

日に日に逞しくなっています。羽ばたきの練習をしたり巣の端まで出てきて初めて見る世界を興味深く観察しています。

一方親鳥は夫婦で交代しながら餌を運んだり、もうすぐ訪れる巣立ちの準備をしながら見守っています。

5月26日 撮影

前回投稿から4日、雛は個人差はありますが産毛もほぼ生え変わり
顔つき体つきもかなり立派になってきました。
親鳥は食欲旺盛な雛たちへせっせっと餌を運び大忙しの毎日です。

だんだん巣立ちの時が近づいている感じです。

5月21日 撮影

雛は親から餌をもらい、日々大きく育っています。

体も大きくなり、産毛もだいぶ生え変わり顔つきも逞しくなってきました。

2021.5.21

親は休む間もなく餌集めに大忙しです。

5月17日 撮影

雛が孵ってからは、中庭を挟んで反対側の屋上にはずっと雄が見守っています。

巣の中にいる雌は時々雄と入れ替わり外に出るだけで健気に子育てを行っています。餌を逞しく食べ、雛はどんどん大きくなっています。そしてよ~く観察すると全部で5羽います。みんなとても元気そうです。(2021.5.17)

余談:魚住小学校は環境が良いのかチョウゲンボウ以外にハシボソカラスやハクセキレイ、スズメも子育て中。そして校庭にはクスノキがたくさんあるのでアオスジアゲハも卵を産みつけ幼虫が育っています。

5月11日 撮影

観察を続け、連休明けの5月11日初めて真っ白の可愛い4羽の姿を見ることが出来ました。一生懸命子育て中の様子を是非ご覧ください。

4月16日 撮影

3月からの観察にあたり、今回は強力な助っ人Mさんと小学校の協力のお陰で庭を挟んで巣の中を観察できることになりました。そして4月16日巣を覗くと抱卵しています。

3月からの観察

今年で3年目、今回も子育てに来るのか? 3月に入ってから観察を続けていました。下旬には2羽のペアのような姿が見られ期待が膨らみます。

おまけ

2020年度にチョウゲンボウの子育てしている様子をまとめた、チョウゲンボウ子育て日記もぜひご覧下さい!

Schedule/活動予定

 ページ先頭へ