ホーム/ブログ/ふるさと・未来/冬の森はどんなもの? ~3年生環境体験学習~

冬の森はどんなもの? ~3年生環境体験学習~

ブログ

ふるさと・未来

1月14日(金)に魚住小学校3年生の児童たちの環境体験学習が金ヶ崎公園で開催されました。

とっても寒い冬空の中での開催でありましたが、森の中は木々で囲まれていることもあり、とても暖かかったです。

1年間観察してきた木も今日が最後の観察。夏や秋と比べてどう変化しているのか子どもたちはしっかり観察し、1年間観察してきた木にはどのような特徴があり、何という木であったのかを答え合わせしました。

木と一言で言っても落葉樹や常緑樹など様々。子どもたちは自分たちが知らなかったことはきちんとメモをとり、学校で行われるふりかえり学習で活用できるようにまとめていました。

観察が終わると、金ヶ崎公園の中の散策路を楽しみ、今日のプログラムの中で1番楽しみな落ち葉のプールへ!
落ち葉のプールは8分程度で次のクラスへバトンタッチであったため、もっと遊びたい、家族と来たときにもここで遊んでいいの?という声があちらこちらから聞こえてきました!

子どもたちはふかふかの落ち葉のプールの中で飛んでみたり、埋もれてみたり、とっても楽しそうでした。

落ち葉の中へ進む子どもたち

Back number

夏の金ヶ崎公園 (7月実施)

秋の金ヶ崎公園(11月実施)

最近の投稿

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Schedule/活動予定

 ページ先頭へ